2009年11月05日

ドライイチジク&タルト生地の作り方

こんばんわ〜♪

昨日は、ドライイチジクの作り方をご紹介するって言っておきながら、
姫様に添い寝したまま夢の中へ旅立ってしまって・・・
すみません。。。TÅT

今日こそ!!
ドライイチジクの作り方でーす☆

まずは、イチジク(甘露煮用)を丁寧に洗い、ヘタをとり、
縦4分割(小粒なものは縦半分でOK)に切ります。
それをオーブンシートをしいた天板に、切り口を上にして並べます。
だいたい500グラム分でいっぱいになっちゃいます。
1キロ買ったら、2回に分けて作りましょう。
091028_143134.jpg

いやぁ〜〜みずみずしくって、キレイな色ですなぁ*´∀`*
091028_143335.jpg

120度に予熱したオーブンで2時間焼きます。
すると、隙間なくびっしりだったイチジクが、しわしわになって隙間ができているハズ!(写真がなくてゴメンナサイ><)
ひっくりかえして皮を上にしてさらに1時間。
この時点ではまだ味が落ち着かないので、食べてみると甘さが足りない感じがします。

その後常温でラップをせずに、ざるなどにあけて一晩おくと、
味が落ち着き、甘さが増してきます☆
これで出来上がり〜♪
プチプチした食感!んん〜〜たまらん。。。
091029_214139.jpg

ワインと相性バツグン〜♪♪
091029_214025.jpg

完全なドライではなく半生な感じなので、
保存は冷蔵庫(長期保存は冷凍庫)でね☆

ここで補足〜。

焼いた次の日天気がよかったので、
外に天日干しにしたら、より甘さが出た・・・気がします。

そして、天日干しのあとは冷蔵庫に入れておき、2日目に食べたらより味に深み?コク?が出てました。
時間がたつほどおいしいのかも♪

まずは半分試しに作ってみて、2晩おいても甘さが足りないと感じたら
焼く前に、イチジクにお砂糖だいたい大匙1杯くらいをまんべんなくまぶして焼いてみてください。
うちは2回目そうやって作って、ちょうどいい味になりました^0^
イチジクによって甘みが違うので、
納得いく味にしたい場合は、まずは半分だけ作って食べてみるといいかも!

今日はドライイチジクのタルトも作ろうと思ったのに、
昨日スイートポテトとクッキー作ったうえに、
夕飯すき焼きで、卵使い果たしてしまい・・・
来週の火曜市で1パック78円の卵買うまでお預けです><

今回はおいしいタルト生地の作り方だけ、ご紹介しますね^^
●材料●
薄力粉 100グラム
コーンスターチ 20グラム
卵黄 1個分
バター 60グラム
粉砂糖orグラニュー糖 40グラム
塩 ひとつまみ

*薄力粉とコーンスターチはあわせてふるっておきましょう。
*タルト型にバターを塗り打ち粉をして冷蔵庫で冷やしておきましょう。

●作り方●
1.室温に戻したバターを泡だて器で柔らかく練り、塩と砂糖を加えて白っぽくふんわりした見た目になるまでよく混ぜる。
(こうしておかないと卵黄がうまく混ざりません><)
2.卵黄をムラなく混ぜます。
3.ふるった粉類を投入。
ゴムベラにチェンジし、粉っぽさがなくなるまで切るように混ぜます。
4.粉っぽさがなくなったらひとまとめにして、
なるべくきれいな円形に整え(このとき捏ねてしまわないよう注意!ばらばらの生地をただくっつけながらやるような感覚で)、
ラップにつつんで冷蔵庫で30分以上寝かせます。
*寝かせることでサクサクになります!

5.オーブンを180度に予熱しておきます。
厚さ3ミリ程度に円形にのばした生地を型にセット。
縁がだれないように、型の縁に生地をちょっとかぶせるようにするとgoodです。
底面にフォークでぷつぷつ穴を開け、
アルミホイルの上から重石(古い米や豆でも可)を乗せて180度で15〜20分、焼き色を見ながら焼きます。

来週こそドライイチジクタルト、トライしまーす!!
ドライイチジクとタルトの相性やいかに!?






posted by ぼるこ at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | お菓子作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
(C) Boruko 2009 All right reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。